東工務店 東1級建築設計事務所

┃ エコハウスは良いことだらけ

家づくりをする前に「 エコハウス 」のことを少しだけ知ってください。

必ず、あなたのこれからの暮らしが居心地の良いものに変わります。

「これからの家 = エコハウス」 エコハウスをつくることは、みんなが幸せになる家づくり。

一生を左右する家づくりを営業トークの良し悪しや、比較すべき性能がバラバラなのに

単に金額だけを比べたり、衝動買いで決めてしまうのはおすすめできません。

車を買い替えるときに「 燃費 」と「 年間走行距離 」のバランスを検討し、車種を判断するように

家の良し悪しは、もっと合理的に「 家の燃費 」で判断することができます。

ローンと光熱費、どちらも毎月支払うランニングコストです。「 燃費 」について考えてみましょう。


東工務店がご提案する高性能なエコハウス

経済性と居住性のバランスに配慮したエコハウスの燃費を計算した結果です。

LCCM

この表にある「 年間暖房負荷 」を計算すれば、世界共通の単位で家の性能を比べることができます。

この家の場合は 23.16Kwh/u・年。これは地域の気象データを元に暖房期間(約半年の間)

家中を20℃に暖房し続けた場合に必要なエネルギーを表しています。

一般の人にはなじみのない数値ですが、世界ではこの数値を元に家の性能を表します。

わかりやすく言うとこの家は、エアコンが1台あれば家中をムラなく冷暖房できちゃう性能なんです。

ちなみにハウスメーカーのトップクラスで 75Kwh/uくらい。(いわゆるゼロエネクラス)

これくらいの性能に多額の設備費をかけてトータルでネットゼロとするのが日本のZEHという家づくり。

エコハウスをつくると一般的な住宅と比べて、建築コストは 5〜15%くらいアップします。

でも、エコハウスは光熱費がとても安い。燃費がいいんです。

この家の場合、3Kwの太陽光発電をすれば生活に必要なエネルギーをマイナスに出来てしまいます。

カーボンニュートラルハウスとかライフサイクルカーボンマイナス( LCCM )住宅ともいいますね。

この家の光熱費は家電製品の消費分を含めても、年間で 38,000円。月平均だと3,200円くらい。

一般的な家庭で年間 25万円くらいの光熱費を払っているので差額は 21万円/年。

例えば最初にプラス 200万円の投資でエコハウスをつくれば 10年分の光熱費ってことになります。

エコハウスって安いですよね?しかも、快適な生活をしたいというエゴもかなえてしまう。

イニシャルコストでもランニングコストでもエコハウスはとても経済的で家計への負担が少ない。

そのうえ、健康的で快適!まさに住む人にも地球環境にも良いことだらけの家づくりになります。


いわゆる ZEH は消費エネルギーを減らすのに建物の性能を少し上げて高効率の設備で削減してもいい。

むしろ、そのほうが手っ取り早い。だから家の性能はほどほどに、設備費にたくさんのお金をかける。

単純に会社の利益が上がるから。性能を左右する断熱材や、丁寧な施工をしてくれる職人さんに

いくらお金をかけても、目には見えないし原価や人件費が増えるだけで会社には利益が残らない。

だから性能はそこそこで、高効率の設備を重視したメカ ZEH がもてはやされる。

利益を得るのは建設会社だけで、住む人には何の得もないのが実情。これって間違ってませんか?

室温を同じにできても使うエネルギーも違うし、体感温度も違う。快適さが雲泥の差になる。

家が高性能なのか?設備だけが高性能なのか?

「 年間暖房負荷 」「 燃費 」「 UA値 」等をくらべれば何が高性能な家なのか?すぐにわかりますよね。

あなたは「省エネです。」「○○基準でつくってます。」等とあいまいな言葉や巧みな営業トークだけで家の

性能を数値で示すことができないような建設会社や設計事務所に大切な家づくりを任せられますか?

あなたが求める「 家 」とはどんなものですか?数十年先の光熱費(燃費)も一緒に考えませんか?


世界最高水準の家=パッシブハウス

パッシブハウスは「 年間暖房負荷 15Kwh/u以下 」という単純明快な家の性能。

PASSIVE

世界最高水準の家=パッシブハウス。

パッシブハウスの基準を満たすには、自然の力を有効に取り入れたり、建物の性能を徹底して

高める必要があります。パッシブハウスが求めるのは、年間暖房負荷15Kwh/u以下という超低燃費。

とてもわかりやすくてシンプルな決まり。「エネルギーを使わない家をつくってくださいね」って事。

日本の ZEH というあいまいでごまかしの通用する基準じゃなく、あくまでも家の性能を求める。

すごくあたりまえのことなんだけど日本では、なかなか踏み込めない。それはなぜなのか?

○ 単純に設計者、施工者の知識が不足している事。

○ ハウスメーカーのように仕様が決まった建物は、地域ごとに検証する事がとても困難な事。

○ 正しく実務ができる設計者、施工者が少ない事。

○ 家の性能が低くても設備の性能で簡単におぎなえるメカ ZEH を認めてしまっている事。

○ まだまだ、パッシブハウスという家づくりが一般的に知られていない事。

○ 家を求める人たちが、性能で比べるという合理的な方法がほとんど提供できていない事。 など

車や家電製品のカタログには、燃費や消費電力が表示されて費用対効果が簡単に計算できるのに、

家は省エネ基準、ZEH基準とか大事なことはよくわからないままで、設備の充実や意匠のことばかり重視。

家を性能、燃費で比べる環境になっていないですよね?車より高くて、人生をかけた買い物なのに。

日本が進めているのは大企業重視、利益最優先で、住む人を軽視した家づくり。

バカバカしいですよね?設備や意匠、営業マンに多額のお金を払っても家の性能は低いまま、

何十年も払い続ける燃料代は多額の設備費を導入したことで減らしているというカラクリ。

そもそも家って誰のためのものなんでしょう?誰を守るためのものなんでしょう?

日本のゼロエネは、世界で建築することすら認められない最低基準以下の性能が低い家。

30年遅れているといわれる日本の家づくりと低すぎる基準。

すでに時代遅れの基準でこれから住む家をつくって、一生後悔しないようにしたいものです。


●兵庫県美方郡香美町香住区香住にある工務店です。設計から施工、品質管理、アフターサービスまで責任をもって提供させていただきます●

ZEHビルダー:建築士会会員:ひょうご木の匠:兵庫県住宅改修業者:クリナップ水まわり工房会員

あんしん住宅瑕疵保険取扱店(10年保証):ジャパンホームシールド地盤保証取扱店:太陽光発電取扱店(MITSUBISHI認定施工店)