東工務店 東1級建築設計事務所

■ 大工の独りごと / 14 健康な住まい − 健康な住まいとはどんなものでしょう?





〜 健康に住まうための優先順位 〜

健康な住まいとはどんなものでしょう?

石油製品をつかわず自然素材でつくった、すべて手作りの家でしょうか?

またはF☆☆☆☆の製品で化学物質を抑えた家でしょうか?

私はそれらを健康住宅とは考えていません。

人が健康に住める家とは温度のバリアフリーができた家。つまり家中のどこにいても

温度差の少ない家であることが最も重要です

推奨室温

イギリスの保健省が冬の室温指針を発表していますが、それによると室温21℃を推奨し

16℃未満になると呼吸器、循環器に影響を及ぼすと報告しています。

冬が寒いのは当たり前では健康に住める家とは言えません。

現在、日本では心筋梗塞、脳卒中に代表される循環器疾患は1月〜2月に多発し、

そのほとんどは起床時に集中しています。

何故なら、血圧は起床時に最も高くなり、室温は最も低く、布団の中との温度差が高いことで高血圧を

伴いやすくなるのです。

このようなリスクを回避するためには、住宅の断熱性能が高くなることが望まれます。

これからの住まいづくりに最優先なのは何か?健康寿命を延ばすために必要なのはどんな家なのか?

もう一度考えてから家を建てたり、リフォームされては如何でしょう

■東工務店では、家の断熱性能、燃費計算などをすることで費用対効果を解りやすく提示し、

健康に暮らせる住まいづくりをご提案しています。

●兵庫県美方郡香美町香住区香住にある工務店です。設計から施工、品質管理、アフターサービスまで責任をもって提供させていただきます●

ZEHビルダー:建築士会会員:ひょうご木の匠:兵庫県住宅改修業者:クリナップ水まわり工房会員

あんしん住宅瑕疵保険取扱店(10年保証):ジャパンホームシールド地盤保証取扱店:太陽光発電取扱店(10年保証施工店)